眼の病気 1. 目次、白内障

はじめに


  色々な目の病気がありますが、その中から良くあるものをえらんで、わかりやすい説明をしてみます。あまり細かな話はしません。

  普通の人が読んでポイントがわかるようにしたいと思います。
  ですから、少し、うそがまじるかもしれません


☆ 目   次

 眼の病気 その 1: 白内障
 眼の病気 その 2:   結膜炎 と 春季カタル 
 眼の病気 その 3: 翼状片と瞼裂斑、結膜下出血
 眼の病気 その 4: 緑内障  1
 眼の病気 その 5: 緑内障  2
 眼の病気 その 6: 近視、遠視、乱視、老視   
 眼の病気 その 7:   斜視と弱視  複視
 眼の病気 その 8:   麦粒腫(ものもらい)と霰粒腫
 眼の病気 その 9:  黄斑上膜(おうはんじょうまく)   
 眼の病気 その 10:  黄斑変性と加齢黄斑変性     
 眼の病気 その 11:  飛蚊症(ひぶんしょう)と網膜剥離
 
 眼の病気 その 12:  糖尿病網膜症 
 

白 内 障 (はくないしょう)


 
☆ 内容の概略

 1) 白内障はどういう病気でしょう
 2) 白内障の進行は抑えられる?
 3) 白内障の手術はどういうものですか
 4) 白内障はいつ手術をしたらよいのでしょうか?
    (早い方が良いのか、遅い方がよいのか)
    (運転免許の更新には注意が必要です)
 5) 白内障手術は簡単なの?
 6) 手術をしたあとにメガネが必要ですか?
 7) 手術をしたあと、気になる飛蚊症


(1) 白内障は年齢の病気です。年をとれば誰でも白内障になります

若い人のなる白内障は特別な病気のためで、ここでは触れません。

 ※ 目はよくカメラに例えられます。それも昔のカメラで、フィルムを使っていた時代のものです。

  カメラと同じで、目でも眼球の前の方にレンズがあります。
  ( 瞳のすぐ奥です。水晶体(すいしょうたい)と言います )。

  カメラでは、レンズから入った光がフィルムにとどいて写真が写るわけですが、目でフィルムにあたるのは網膜(もうまく)と言います。
 これはまた別な病気の時にお話します。

 ・ 白内障は、この、目の中のレンズが濁る病気です

 レンズが濁ると光がうまく目の奥まで届きませんから見にくくなるわけです。
 
 レンズの濁りがひどくなると瞳が白く見えるので、白内障とよばれています。

 ・ 白内障が進むと視力がおちて見にくくなります

  全体にかすみがかかったように見えることもあります。これは眼鏡をかけてもなおりません。

 ※ 目に病気があると、眼鏡は役に立ちません

 他の症状では、まぶしさを感じたり、夜、車の運転で対向車のヘッドライトが、乱反射して気になることもあります。

  しかし、見にくくなれば手術でなおすことができます

  早い人は40〜50歳代で手術をしますが、多いのは70歳を過ぎてからです。

(2)  白内障の進行は抑えられるのでしょうか。 

 → 眼科では白内障の目薬をよく出しますが、すごく効くというものではありません。
 
  私は、なにか目ぐすりをさしたいという方に処方しています。
くすりをもらうことによって安心される患者さんも多いので、使うことも一つの方法だと思います。

 白内障は手術でほぼ元通りになおりますから、あまり心配する必要はありません。

 年をとることを止めることはできません

(3)  白内障の手術はどういうものでしょうか

・ 白内障は目の中のレンズ(水晶体)が濁る病気ですから、手術の目的の第一は、水晶体の中の濁りをきれいに取り除くことです。

・ 昔は、水晶体を丸ごと取ってしまったり、外側のきれいな袋を残して、中の濁りだけを取りだす手術をしていました。
 
  この場合、濁りがなくなりますから光は目の奥まできれいに入っていきます。
 
・ しかし、レンズの大事な働きは、入ってきた光を目の奥にピントを合わせることですから、レンズがなくなったらピントが合いません

 そのため、ピントを合わせる目的で、以前は虫メガネのように、ぶ厚いレンズの眼鏡をかけるのが普通でした。

 視力は良く見えるようになりますが、ものが大きく見えて、視野が狭くて、まわりがゆがんで見える、というように、見え方の質は良いとは言えませんでした。

・ そこで、手術で取ってしまったレンズの役割を果たすため、濁りを取ってきれいになった、水晶体の外側の袋(カプセル)の中に、新しい人工レンズ(眼内レンズ)を入れる方法が開発されたわけです。

 第二次大戦後、イギリスで研究が始まり、30年近くたって、実用的なものになったわけです。

  また、手術で切る傷の大きさも、以前は1cmぐらい切っていたのが、最近では2,3 mmと、小さくて済むようになり、非常に安全な手術になっています。

※ 眼内レンズ手術の白内障患者さんに与える意義は大変大きなものがあります。

 日常生活においては、これまで通りの活動性を保つことができますし
 高齢者では視力を取り戻すことによって、認知症も改善すると言われています。

 現代社会に莫大な貢献をしていると言ってよいでしょう。
 
  もし、眼内レンズ手術ができなかったら、今の社会がどのようになっていたか、想像するだけで恐ろしいことだと思います。

開発にたずさわった多くの眼科医たちには感謝するしかありません。

(4) いつ手術をすればよいのでしょう
 
 → 手術をすぐにしなければいけないことが、ごくまれにあります。
   これは診察をした眼科医が言ってくれます。

 大半の方は、自分がやりたい時にすればいいのです。

・ 昔の手術のなごりで、かなり悪くなるまで手術をしない方が良い、と言う患者さんがたまにいますが、
 現代の手術ではこれは当てはまりません。
  
 自分が生活をしていて、見にくいことが気になった時に手術を考えてください
  人によってその時期は違います。

  ただし、眼科医の診察を受けて、手術をやる意味があるのか、必ず診断を受ける必要があります。

 というのは、眼の奥に別な病気があると、白内障の手術をしても視力が回復しないことがあるからです。

  ※ 手術は早くやった方がいいのですか、それとも遅くやった方がいいのですか、と質問される方がいます。
 これには色々な問題がありますので一概には言えません。

 遅すぎるのは良くありませんが、早くやればいいとも言えません。

・  片目が元々病気で視力が回復できない方の場合には、良い方の目を手術するわけですから、少し慎重に考えます。

・ また、視力があまり悪くなっていないのに、早く手術をすると、手術の改善効果が感じられず、結果に不満を持つ患者さんもいます

★ 特に、まわりの人から、白内障の手術をすると夢のように見え方が変わる、と言われて、それを信じこんで手術をする方がいますが、これは問題です。(これは嘘と言ってよいです)

 ひとの話が自分に同じようにあてはまるとは考えないでください

・ ただし、若い患者さんでは、毎日仕事をしたり、車の運転を夜間も行ったりと、活動的な生活を送っていることが多いので、少しの見にくさでも気になることがあります。
  こういう時には白内障が軽くても手術の対象になります。

・ 基本的には、日常生活で困らなければ、あわてて手術をする必要はありません。

・ ただし、白内障が進みすぎると、手術が難しくなることがあります
 そのような時には、そろそろ手術をした方が良いですよ、とおすすめすることがあります。

 ・ 高齢の患者さんでは、ご本人のお気持しだいですが、白内障で視力が低下していたら、体が元気なうちに手術をしてしまう、というのも一つの考え方です。

★  一つ気をつけなくてはいけないのは、車の免許を持っている方です。

 自分では不自由なくても、免許更新の視力検査で問題になることがあります。警察での視力検査は眼科での検査と違いますから、眼科で良い視力が出ても、警察では通らないことがあります。その逆もあります。

 普通免許は片目が見えれば大丈夫ですが、大型免許や二種免許では両眼とも見えなくてはいけません

  免許の書き換えのある人は、半年前には眼科で検査を受けてください。
 手術が必要になっても、すぐ手術できるわけではありませんので、早めに受診していただくことをおすすめします。
  白内障手術は普通、病院にかかってから 1 〜 3 ヶ月先の予約になります。

※ 時々、白内障は1回しか手術できないのであわてない方が良い、と言う人がいますが、これは間違いです。

 そうではなくて、1回やれば、もうそれ以上の手術をする必要がなくなるわけです

 盲腸(虫垂炎)の手術も、虫垂を1回取ってしまえばそれで終わりなのと同じですね。

 白内障の手術をして、数年後に少し見にくくなり、外来でレーザー治療をすることは良くありますが、これはまた別な問題です。

 それと、特殊な病気が起きた場合には、あらためて手術をすることがありますが、めったにはありません。

(5)  白内障手術は簡単ですか 

  → 白内障手術は最近では手術時間も短くなり(普通は10〜20分ぐらい)、麻酔もあまり痛くなくなりました。

 ですから、手術が恐いという患者さんには、勇気づけるために、それほど心配しなくていい手術ですよ、とお話しすることはよくあります。

 しかし、手術ですから、簡単という言葉は適切ではありません

・ どんな手術も万に一つの危険はありますし、合併症を起こすことも、少しですがあります。

 ただ、白内障手術の危険はごくわずかなものですし、得られる利益の方が大きいことを考えると、

必要があれば積極的に手術を考えることが一般的になっています

   手術が簡単だから、というわけではありません。

・ 時間が短くてすむのは、手術器械が進歩したこと、多くの医者が努力して手術方法を改善したためです。

 短いから簡単だと思われると大きな誤解が生まれます

 そこに至るまでには長い歴史の歩みがあります。
 
・  電車でも、在来線より新幹線の方が、はるかに所要時間が短くて済むのは、その背景に多くの技術革新があったのとおなじことです。
  その道のりは到底簡単と言えるものではなかったはずです。

 新幹線の運転は時間が短いから簡単でしょうか

 そんなことはありませんね。

・  白内障の手術も、新幹線の運転も、F-1 レーサーと同じで、そのスピードに慣れ、事故を起こさないためには、緊張と集中が必要です。

 現在の眼科医は多くの先駆者の努力によって、以前なら考えられなかったような、複雑な手術を短時間でスムーズにこなしているわけです。

 眼科にかぎらず、我々医師は先人への感謝の気持ちを忘れてはいけないと思います。

(6)  白内障を手術した後のメガネ

  → ひとによって違います。なにもなくても平気な人もいますが、

   普通はメガネを作ります

  メガネがなくてもある程度は見えますが、

遠くも近くもはっきり見たい、細かいものまで、くっきりと見たいと思う方にはメガネが必要です。

 ※  白内障の手術をすれば、遠くも近くも、なにもなしで良く見えるようになる、と誤解している患者さんがいます。

 医者は手術前に説明しているはずなのですが、よく理解していない場合もあるので問題です。

 手術をしても、若いころに戻ることはできません

 遠くがよく見える場合は近くの字を読む老眼鏡を作りますし、近くの字がメガネなしで読める場合には、遠く用 (運転用) のメガネを作ります。

 遠近両用メガネを作ることもよくあります。

・ 遠くも近くもメガネなしですむという、特殊な人工レンズ(自費ですが)を使った白内障の手術もありますが、
 宣伝文句ほど、みんながうまく行くわけではありません。

 世の中には夢のような話はありません

※ 白内障手術をした後の見え方に満足するかどうかは、個人によって違います。

 少し良くなるだけで満足される方も大勢いますし、

  完璧な見え方でないと不満を訴える人もいます。
  中々、難しい問題ですね。

 でも、大半の方は、十分に満足されます。

 むしろ見えすぎて、自分の顔のしわが気になるという言葉も良く聞きます。
  世の中には、見えない方が良かった、ということは沢山あります。

(7) 白内障手術をした後に飛蚊症(ひぶんしょう)が気になるようになったと訴える方は結構います。

・ 蝿のような虫が飛んで見えるとか、糸くずのようなものが眼を動かすと一緒に動いて見える、というのが飛蚊症ですが、

 水晶体の濁りがとれて、きれいに外の光が眼の奥まで届くようになると、元々あった、眼の中( 硝子体: しょうしたい )の濁りが、今までよりもはっきりと見えるようになるわけです。

・ これは本来、50代ぐらいから誰にでも起こる年齢の症状です。

 病気ではありませんが、気になるのはよくわかります。

・ 残念ながら、これは薬ではなおらず、手術でしかとれません。
現在、これを手術で治療することは、普通行いません。

 申し訳ありませんが、気にしないでください、というしかないのです。 

※ なんでもそうですが、ひとの言うこと、体験したことが、すべて自分に同じようにあてはまることはありません

 病気について、まわりの人が言うことは信用しない方が良いでしょう。聞きたいことがあったら、医者に聞いてください。