みかさんの絵 13

3人の使者

写真


「3人の使者」    65 × 85  cm  ぐらい  (フレームの大きさ)

 使者  ( 3  messenger というタイトル ) という言葉はあまり使われないかもしれませんが、3人と聞いてすぐにキリスト降誕 を思い浮かべました。
 三人の博士、賢者。

 フレームは黒で、きれいな紋様が彫られていてステキなものです。

 この絵を見て、富士山と言った方がいました。下方の絵の切り取られた形が三角形で確かに山のようです。頂点の部分は白い空で、雪をかぶったように見えています。

 30年2月に帰国されたときに持参された作品です。
 今回は、白黒で色のない作品が比較的多くありました。白黒ですが、モノクロームという言葉を使いたい気がします。

 ページワンに作品が置いてある、松本幸治さんの写真もフィルムでとるモノクロームのものです。黒澤明の映画もそうですね。

 カラーの作品は一見多様な表現力があるようで、むしろ不自由なものともいえます。モノクロームの方が見る側で受け取り方を自由にできるように思います。
 
 ものであふれている現代が決して自由ではなく、なにも無かった我々の子ども時代が、かならずしも不自由ではなかったことに通じます。


 
写真

 三つの絵の中は全部羊たちです。まわりにも羊のエンボス、空を飛ぶ鳥たちのエンボスがあります。
 
  stray sheep

 中に描かれている羊の群れの感じは、古いヨーロッパの本の挿絵のように見えます。


 
写真



 
写真



( みかさんの絵 12 ) で、変形の作品という表現を使いましたが、この「3人の使者」も言ってみれば変形の作品です。

一般的な四角形の画面を使わないということですが、これ自体特にめずらしいことではありません。

きりとられた形の中に、一つの世界が描かれています。これは、みかさんの絵の特徴で、「海の振動」( みかさんの絵 1 )で触れたように、ウミガメという形態を使って、その中に別な世界を描いていると述べたことと違いはありません。

ウミガメ、恐竜、胡桃、などの形態がはっきりしているものではなく、「3人の使者」では特別な意味をもった形ではない、というだけです。

  「山と雲」もそうですし、「インファント島」もそうでしょう。

もちろん切り取る形の造形は、絵として十分に配慮されているわけですし、作品によっては、形態にもある程度の意味を持たされているものもあります。

「3人の使者」でも、3つの形と並べ方に全体の絵のバランスが見事にとられ、魅力につながっているわけです。







 

山の足跡

写真


「山の足跡」   70 × 70 cm ぐらい (フレーム全体の大きさ)

  今回、素描の作品を何枚かもってきてくれました。

 これもその一つです。ピレネーの山のカモシカでしょうか。アンテロープなんていう名前が、なんとなく浮かびます。少しいいかげんですが。

 2頭並んでいますが、どちらも手前に黒い影のような形があり、後方にはそこから時間のずれがある、動きを見せた姿を描いています。

 上方に描かれた葉にも、下に影のような姿が見えます。

 真上に貼られた色紙は何でしょうか。みかさんの他の作品、たしかドリームキャッチャーの一つに、同じ形態のものがあったように憶えています。2本の足のようにも見えるのですけど。なんだかカエルを思い出します。

 フレームは黒で、ざらざらした質感のもので、この絵によく合っています。


 
写真

 手前の黒い姿は影のようです。実体のあるものには見えません。後ろの動きを伴う絵も、同じです。過去の動きを見ているようです。
 
 足跡もそうですね。それ自体は確かな実体によってつけられたものですが、それを見ている現在では、すでに存在しないものの記憶を見ているだけです。形を持った残像。
 足跡は実体の一部ともいえないものですが、時間がたてば実体を代表するものになるのは、そくせき、という言葉が象徴しているようです。

 時間は歴史ですね。記憶も、思い出も。






 

森の汽笛

写真


「森の汽笛」   55 × 95 cm ぐらい (フレーム全体の大きさ)

 30年2月に持参されたものです。
 
 新しいフレームですが、雪絵さんおすすめで、作品にピッタリのものです。フレームを合わせるのは、絵を理解していなくてはできません。 

 左側には影のように切り紙で貼られ、飛んでいる鳥。
「春の夢」 (みかさんの絵 5,11 )で描かれているかたちと同じですが、色合いはこちらの方が少し暗い感じです。

 右側には葉っぱの形ですが、とりかごの中にいるように見える鳥が描かれています。みかさんは色々な形態を使って、その中に別な世界を描くのが得意です。
 
 まわりにも葉がエンボスされています。

 
 
写真

 この色合いはいいですね。明る過ぎず、落ち着いています。
絵の感じは日本画を思わせる枝ぶりです。

  もっとも鳥の描き方を見ると、ヒュー ロフティングを思い出します。もちろん、「ドリトル先生」です。



 

土 地

写真


  「土 地」    92 × 50 cm ぐらい (フレーム全体の大きさ)

  数年前の作品です。中央の絵の拡大。

  これは酒盃のようなものでしょうか。それとも水鉢ですか。
中に2艘の小船が浮かんでいます。

 舟を漕いでいる人は中国南部か東南アジアの人のようです。舟の形もアジア的です。




 
写真