みかさんの絵 8

森 の 中

写真


  「 森 の 中 」   

   40 × 115 cm  ぐらいの作品です (フレーム全体の大きさ)。

 今年(27年10月)、みかさんが帰国した時に持ってきてくれた絵です。

 なんとなく水墨画のようです。患者さんからは、これも版画ですか、とよく聞かれます。

  等伯の松林図のような雰囲気があり、日本画のようです。といっても墨絵は唐宋からの伝来ですから、東洋的と言うべきでしょうが。
 
写真

  もっとも、絵は三つに分かれており、中央にエンボスされているのは、角の形からすると、トナカイ のようです。
 
 森の中というのは、北欧、ラップランド あたりのことなのでしょうか。

 月があり、それが地面に映っていますが、トナカイ は水を飲むようなそぶりをしていますから、月から水たまりに変わっているようです。

 小さな鳥も飛んでいます。
写真

 
写真

 これを額装する時に、たまたま新しく入荷していたのが、このフレームですが、大変素晴らしいものです。いつもは、あれこれと候補を上げながら額装を決めるのですが、これは即決でした。

色と質感、浮き彫りの紋様が、絵の雰囲気にぴったり合っています。


風をつくるもの

写真


  「 風を作るもの 」  

    70 × 90 cm  ぐらいの作品です (フレーム全体の大きさ)。

 大分前の作品ですが、いい雰囲気です。グランドピアノを天使が弾いています。

  ピアノの周りには葉がエンボスされています。左から右に色紙が流れるように貼られています。

  天使はその風に流されているように見えます。

 フレームはアンティクな雰囲気のものです。ページワンには、このような古い感じのフレームも、沢山種類があります。現代的なものと違って趣があり、作品によってはよく合います。
写真

 風に流されながらピアノを弾いていますが、この天使の小さな手では、とても オクターブ はとどきませんね。

 「 バコの秘密 」 、 「 バコの歌 」 に出てくる天使と似ています。

 西洋の絵画に出てくる天使は、みな、ふくよかに太っていますね。

 みかさんの天使もむちむちとしています。背中についている羽根は、いつも小さいです。

 絵の中にはタイトルよりも、沢山のスペイン語が書かれています。読めるのはピアノだけでした。なにが書いてあるのか、みかさんにお会いした時に聞いてみましょう。



 

写真


「 桜 」

  45 × 60 cm ぐらい (フレームの大きさです)。

 抹茶茶碗ですね。そばには桜のはなびらが。

 日本風のきれいな絵です。

 フレームは手作りの1点ものでしたか。色合い、風合いがぴったりと合った良い額装です。
 
写真

 茶碗の内側にも、花びらが見えます。葉のような模様も。
 
 曜変天目でしょうか。