みかさんの絵 6

蝶 の 旅

写真


  「 蝶の旅 」 

    ちょうちょが主役です。 

     80 × 70 cm ぐらいの作品です (フレーム全体の大きさ)。

   「 ドリームキャッチャー 」 のシリーズの一つです。 
 
 おもちゃのような飛行機ですね。風に流されることはあっても、自分では飛べないようです。中の蝶が動力になって飛んでいるのかもしれません。

 フレームも、素朴な木製のおもちゃのような質感で、ピンクの可愛いものです。(写真よりも、もっとピンク色です)
 
写真

 飛行機のまわりにも、ちょうちょが一緒に飛んでいます。

 「ドリームキャッチャー」 の、円形の台紙に押されているエンボスの模様はすべて同じです。

中央に様々な絵を配置して、作品を仕上げています。

絵の下にぶらさがっている飾りは、それぞれ違っています。

この絵の飾りは、ちょうちょです。



 

青 い 夢

写真


 「 青い夢 」

   「 青い夢 」  は素敵ですね。 
 
    80 × 120 cm  ぐらいの作品です (フレーム全体の大きさ)。

 みかさんは、ワニ が好きです。
 正確に言うと、ワニ が好きなのか、ワニ の絵を描くのが好きなのか、私は知りません。

   「 青い夢 」 、 「 密会 」、 「 ワニの子守唄 」 を持っていますが、それ以外にも沢山、ワニ の作品があります。

 ワニ のまわりには、旺盛な勢いの植物がエンボスしてあります。上から垂れてくる雨だれのような表現は、みかさんの作品に良く見られるものです。

 体の中には花と葉の紋様が描かれています。大輪の花は、他の作品にも出てきますが、大ぶりで南洋風の派手な雰囲気です。

  ワニの目の瞳は花びらの形をしています。

 絵、全体として力強さが感じられます。でも、この青い色が暑苦しさを消して、むしろシックな雰囲気にしています。

 フレームは少し、鰐皮を意識したものです。
写真

   しっぽがおもしろいですね。ワニは普通、こんな風にしっぽを上げませんね。犬のしっぽみたいです。でも、こうしないと画面にしっぽが入らないので間が抜けてしまいます。
 
  いい、しっぽです。

 ワニ の歩みは確かです。自分探しなんていう、自意識過剰な、甘ったれた人間達とは違います。

 ワニ が ワニ であり、ワニ でしかないことを全く疑っていない、確信に満ちた歩みです。


密 会

写真


  「 密 会 」

  これは、おもしろい作品の一つです。
 
  「 密 会 」、 というタイトルが笑わせますね。とても、そんな感じのカップルには見えません。 

   30 × 70 cm  ぐらいの小さな作品です  ( フレーム全体の大きさ )。

 いかにも ワニ らしい図太い無神経さが、ただよっています。
  月が映る池をはさんで、対峙しているようにも見えますが、 ワニ なりのロマンスがあるのでしょうか。

 林の中で宙に浮かんでいるような感じでもあります。

 この組み合わせは、オスとメス、オスとオス、メスとメス、このどれになるのでしょうか。
  オスとメスなら、どちらがオスでしょうか。

  私は鰐の雌雄は弁じません。いつも同じことを言っていますね。

 フレームも、なかなか洒落たものです。今、突然思いついて、ヴェルサイユ風とフレームを名づけました。
写真

ただ、密会と言うとロマンスとは限らず、悪だくみのようなものもあります。

「有形屋、お主も悪じゃのう」、 「いえいえ、黒粉平のお代官様、貴方様にはかないませぬ」 なんていうことを、ワニ語でしゃべっているのでしょうか。

 でも、やはり、月夜の逢引きのように見えますね。

 

バコの秘密

写真


 「 バコの秘密 」   

   100 × 60 cm ぐらいの作品です (フレーム全体の大きさ)。

  中央にワインボトルがあり、周囲には葡萄と、ぶどうの葉がエンボスしてあります。

 バコはバッカスのことで、お酒の神様ですからワインは当然ですね。西洋の絵の中でも、ワイングラスをかかげているバッカスが良く見られます。

  瓶の中にはエンゼルがいます。二人の天使ですが、天使は人間でしょうか? 羽根があるから、二人ではなく、二羽でしょうか。なんていうと怒られそうです。冗談です。

 手作りの落ち着いたフレームで絵がまとまっています。
 
上の天使はラッパを吹いており、下の天使はぶどうを持っています。食べるのか、それともワインを作るのでしょうか。良くみると口にぶどうを含んでいるようです。

エンゼルの作ったワインなら、おいしく酔えそうです。天国にいるような酔い心地でしょう。

 ワインボトルの、ラベルの部分が窓になっていて、そこから気持の良さそうな風が吹き抜け、カーテンがひるがえっています。

窓の中には別の世界があるのが見えます。

 最近、しゃれた人は、ラベルのことをフランス語でエチケットと言うようです。
 
写真