みかさんの絵 4

パンドラの箱

写真


  「 パンドラの箱 」

    40 × 45 cm   ぐらいの 小さな作品です (フレーム全体の大きさ)。

 フレームは筋彫りされた木の質感がおもしろいブルー。 マットも青で海の雰囲気を漂わせています。

 「 パンドラの箱 」 、のようなタイプの作品はいくつかあります。力が抜けて、自分がおもしろいと思うものを作っている感じがしますね。

  対象として用いている絵の形態としては、風車に立ち向かう ドン キホーテ と サンチョ パンサ が描かれている 、コーヒーカップをすぐに思い出します。

 ハイヒールの形を使った作品もありますが、 これにはフラメンコダンサーの絵が描かれていましたか。ちょっと確かではありません。

 このようなタイプの作品は、まだまだ沢山あります。

  子供の本の挿絵に使っても良さそうです。

 もちろん、みかさんの作品はどれも、大げさな苦悩とは無縁なものだとは思いますが、小品ではそれがより前面に出ているように思います。
 
写真

  パンドラの箱の中から飛び出すのは悪、災いではなく、魚です。中には蟹かなんかが残っていそうです。
 
  箱に描かれている、まわりの船は一昔前の大航海時代の帆船か、海賊船のようです。

 箱のふたには、三日月と星が出ている夜空があり、周りには竪琴、巻貝も模様として描かれています。

旅のおくりもの

写真


  「 旅のおくりもの 」  

   大きさは 「パンドラの箱」 と同じくらいです。

 この作品も、カバンの形態を利用してできているもので、上でのべた一連の作品と似ていますが、少し趣が違います。

 私はこれを見て、第一印象で ルネ・マグリット の絵を連想しました。 もちろん、みかさんがそう考えて作ったというわけではなく、私がそう感じただけですけど。

 「 大家族 」  の鳥が切り取る、空の感じとは違います。
 中の建物は 「 光の帝国 」 を思わせます。ただ、その光景は都会ではなく、田舎の風景です。
南米の牧場のような雰囲気で、遠くに山なみが見えます。大きなトリが飛んでいます。
  中央にある、鍵がいいですね。

 みかさんは、いつも自分の中から自然に出てくるものを作品として仕上げているだけで、意識の世界からは遠く離れた位置にいると思います。 

 
写真

「 旅のおくりもの」 のフレームは白樺のようで、ぴったりと合っています。
 

綿引 明浩 さん

写真



  「 スカイパートナー 」

綿引さんの 「 スカイパートナー 」 の、きりんは、マグリット ですね。

みかさんは意識して作っているわけではありませんが、綿引さんは頭を使って、より機知的な作品になっているように思います。


 

 追 憶

写真


  「 追  憶 」    

   45 × 50 cm  ぐらいの作品です (フレームの大きさ)。

  これは外側の窓のようになっている部分と、奥の絵の二つを組み合わせてあります。 

 窓の扉が手前に開いて立体的な感じになっています。扉の部分は中央で切り開かれていますが、その辺の部分を上手に色を摺るのが難しかったそうです。

  窓のまわりには鳥がエンボスしてあります。

  中の絵は何種類かあります。 聖ジョージ と竜、草原、など。

  この絵は、みかさんの住んでいる グラナダ にある、 アルハンブラ (アランブラ) 宮殿です。
 
写真

フレームは金属のような光沢と質感がある、おもしろいものです。

中世の騎士の甲冑をイメージできますね。額装も立体的な作品に合わせてあります。